読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zumaのはてなブログ

この世で一番好きなのは、本を読むことと歩くこと(「ぐりとぐら」風に♪)

普通に食べれるって嬉しい♪

ウイルス性腸炎?になったと思われる。その経過をまとめてみた。

今週月曜日の夕方、体がふわーっとなって、早めに退社。その晩に38度7分の熱が出た。火曜日に仕事を休んで近所の内科に受診。インフルエンザは陰性といわれ、特にお薬も出ずに帰された。インフル陰性ならいいかな、熱も下がったし、と水曜日は普通に出勤しご飯も食べれたのだが、木曜日からは熱はないけど、水下痢が止まらなくなり、再び内科に行くと、ウイルス性腸炎のようだ、脱水しているので点滴しましょうといわれた。点滴している間もトイレにいきたくなるので、点滴をカラカラと押しながらトイレで用を足してまた処置室に戻る、を繰り返した。その日は絶食。ポカリだけ飲んでいた。金曜日も朝から食べられず、ポカリだけで過ごしていた。

絶食でポカリだけ飲んで水下痢出しつづけるということを朝から夜中まで続けるのは、本当にきつい。いつ出てくるか分からないので寝るに寝れないし。お尻はひりひりしてくるし。入る水分量と出る水分量は1:10くらいの割合で、そのうち体中の水分が無くなって死ぬんじゃないかと思えてくるし。そしてただ寝ころび、この水下痢が終わるのをひたすら待つのみの自分。もうこのまま良くならないんじゃないだろうか…そんな気さえした。

しかしえらいもので、水下痢は金曜日の昼過ぎに、ちゃんと終わりを迎えた。するするっという感じでひいていき、その後は思い出したように2、3度出ただけ。人体ってすごいな。ウイルスを排出できたってことがどうやってわかるんやろ。

そして、金曜日の夜、妻に半玉だけ素うどんを作ってもらい、食べることができた。素うどんの温かい汁のうまかったこと!(ただ、つゆの素を湯で割っただけのものですが)。ずっとポカリだけだったもんな~。

今日になって、卵入りのうどんも食べることが出来たし、おかゆも食べれたので、夕飯は、やわらかめの親子丼にする予定。固形物を食べることができて、治る自信も湧いてきた。

こんな感じで、うつの方も良くなっていくといいな。