読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zumaのはてなブログ

この世で一番好きなのは、本を読むことと歩くこと(「ぐりとぐら」風に♪)

歌うことは気持ちいい♪

WRAP新年会の2日後に、家族とカラオケにいく。ママ友をひとり誘ったら来てくれた。彼女の娘もいたので、一緒に。まずは子供たちがひとしきり歌う。1時間ほど歌わせてから、大人も歌い始める。カラオケの部屋がお座敷になっていて、子ども連れにはちょうど良い。僕もあいかわらずぐったりしているので、座布団をまくらにして寝ころびながら参加。頭痛くなってきたら外にでたり。体調と付き合いながらやっている感じ。でも歌には癒されるというか楽しいというか、気分が解放されるような感覚がある。

歌っているうちに、そのママ友は、オザケン小沢健二)が好きということがわかる。僕も好きなのだが、ここ10年ほど全然聴いてなかった。でも歌うと思い出す。で、2人で盛り上がっていた。あるオザケンの歌で、彼女はちょっと泣いていた。歌が人に涙を流させるチカラを持っていることを目の当たりにして驚く。昨日、ふと思いついて誘ったら都合が良くて来てくれたんだけど、彼女はカラオケは10数年ぶりとのこと。なんか人生って出会いだな、と思う。ひとつの出会いがきっかけになり、埋もれていたものが、ひょっこり顔を出したりする。

さて、「歌」といえば、谷川俊太郎氏の『歌の本』。谷川氏は学校の校歌の詩をたくさん書いているが、その選集。何をかくそう、僕の母校の校歌も、谷川俊太郎作詞。ためしに歌ってみたら、今でも歌えた。この間、谷川氏の朗読ライブでサインをもらうときに、その話を本人にしたら、「あ、そうなの」と、めっちゃクールな反応だったな。 

谷川俊太郎 歌の本

谷川俊太郎 歌の本