zumaのはてなブログ

この世で一番好きなのは、本を読むことと歩くこと(「ぐりとぐら」風に♪)

普通に食べれるって嬉しい♪

ウイルス性腸炎?になったと思われる。その経過をまとめてみた。 今週月曜日の夕方、体がふわーっとなって、早めに退社。その晩に38度7分の熱が出た。火曜日に仕事を休んで近所の内科に受診。インフルエンザは陰性といわれ、特にお薬も出ずに帰された。イ…

これまでを ふりかえりみる 春の宵

4月になった。新年度だ。もう雪も降らない。朝夕は時々肌寒い日もあるけど、季節は後戻りしない。今日はいい天気で気分も良いので、この数年を振り返ってみる。 * 2013年春、10数年勤務した職場から転職をした僕は、新しい職場で猛烈なパワーハラス…

遠隔操作しているような感じ

「何か」をしなければと思うが、思うように体が動かない。体に異常があるわけでは無論ない。億劫、という表現はこういうときにはしっくりくる。あれをしようかな、これをしようかな、と頭では考えるのだが、行動に移せない。 自分で言うのもなんだが、もとも…

右手の小指と薬指がしびれる

朝起きると、突然、右手の小指と薬指がしびれていた。寝るときに下敷きにしていて、しびれて動かなくなることはこれまでにもたびたびあったので、またそれかな、と思っていた。でも出勤して昼になっても夕方になっても一向にしびれが取れない。それどころか…

**さん、生きてるだけで、立派です!

休養ということについて考えている。体を休める必要があれば安静にしていれば良い。でもココロを休めるということは、そんなに単純なものではないと実感している。一日中、静かに過ごしていれば負荷もなく休むことはできるが、こんな静かにすごしているだけ…

休養の効用 ~あるいは影が半分しかない人たち~

今から2年前、「あなたには休養が必要ですね」と、先生は言った。 僕が、「うつ病」と診断されてから、2年ちょっと経つ。診断がつくまでは、ひたすら頑張って頑張って走ってきた日々だったな、と思う。もう頑張れないと思ったあの日から、薬を飲んで家にこ…

破損したテラスの屋根を見ながら

先日の20年に一度ともいわれる大雪で、テラス屋根が破損した。また雪がふるといけないので、そのままにしておいたのだが、そろそろ春も深まり雪も降らないだろうということで、修理をしてもらった。形あるものいつかは壊れるが、直せばきれいに直るもんだと…

内向的であるということ

一本の線の両端に、極端に外交的なタイプと極端に内向的なタイプを配置したとすると、その間のどのあたりに位置するかを問うことにより、人は自分がどの程度内向的なのか、または外交的なのかを考えることができる。 僕自身については、極端に内向的なタイプ…

C.G.ユングの「タイプ論」~内向と外向~

タイプ論 作者: C.G.ユング,林道義 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 1987/05 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (7件) を見る 先日、「自閉症スペクトラム障害 外向型」という聞きなれない病名を耳にした。知り合いの精神科医に質問…

職場復帰して1年

職場復帰して1年が経つ。 仕事を再開した当初は、本当にエネルギーが限られていて、周囲の理解と配慮によって、なんとか出勤できていた状況。1年が経ち、だいぶ動ける時間が増えてきたように思っている。 自分の特性を理解し、配慮しながら過ごすことが、と…

『ダンス・ダンス・ダンス』

今日は1月30日。1月4日から職場復帰して、4週間。1週目は挨拶まわりして、2週目は久しぶりの職場の雰囲気をみて、3、4週目はだいぶ取り戻してきた感じがする。ただ、疲れやすいのであまり飛ばしすぎないように、休憩をこまめにとるようにしている…

素人が専門外のことに首を突っ込むことについて

素人が専門外のことに首を突っ込むことについて 僕は「あり」だと思う。 論を展開するにしても、世間のいわゆる「論者」と呼ばれるような人が展開する論には、それなりの基礎的なルールというものがあるのだろうと想像する。たぶん、一定のルールを踏まえな…

ブログのいいところ

ブログのいいところを列挙してみる(あくまでも個人の感想です) ①ほどよく開かれている ②読みたくなければ読まなくていい ③書きたいときに書くことができる ①について 閉じたシステムは、不健全になる。これは言われていることだし、僕自身実感もしていると…

いま感じていること

先月、僕も四十路を迎えた。仮に人生を八十年と想定するなら(もちろん特定の個人の余命は誰にも分からない)、マラソンでいえば折り返し地点を通過しつつある、ということになるのかも知れない。 いま感じていること ①人は、すでに語られた言葉を用いて語り…

歯の詰め物がとれた~火曜日から土曜日までのせつない時間

火曜日の午後、昼ごはんを食べていると、突然「ガキッ」という音が口内から歯を通して直接鼓膜に響いた。咀嚼しているものもまだ口内に残っていたが、その「ガキッ」の正体を確認すべく、口から取り出した。歯の詰め物だった(金属でできている)。 そういう…

『コウノドリ』

ちょっと前まで、『コウノドリ』というドラマがやっていて、妻が観ていたので僕も横で見ていた。普段はあまりテレビは見ないのだけれど(テレビという媒体そのものがあまり好きになれない)、結婚してからは半ば強制的に家の中でテレビがつく状況が生まれる…

スターウォーズを娘と2人で観に行った♪

そういえば、先週の日曜日に娘と二人で、映画を観に行った♪ 「スターウォーズ・エピソード7」である。このあいだから、DVDをレンタルして、エピソード456123を公開順に、こどもたちと一緒に観ていた。上の子(娘)は、楽しんでみていたが(最初は…

うつの職場復帰~リワークということ

うつで休職する人が増えているという。かくいう僕も、そのひとりだが、約1年間の休職を経て、年始からまた働き始めている。まだクリニックには通っているし、お薬も飲んでいる。職場には病気のことは伝えているので、配慮してもらいながらのリハビリを兼ね…

はてなダイアリーと日記

僕は日常的に日記をつけている、というのは、あまり正確な表現ではない。まず、僕は日常的に本を読む。もっというと活字中毒といってもいいかも知れない。まだ少年というか幼児のころから、本(まずは絵本ですね)は好きだった。ときどき寝る前に母親が読み…

復職(リワーク)して2週間

復職(リワーク)してから今日で2週間。 1週間目にはかなり疲れを感じ、就業時間内でも横にならなければならないほどだった。2週間目は、1週間目に比べると、横になるのは昼休みだけだった。また、2週間目は、ぺらぺらっとしゃべってしまうのを意識的に…

『納屋を焼く』【#30(短編)】

復職して一週間と少し。あ~しんどかった、だけど場の雰囲気にいるうちに、少し手を動かしたり読んだり話したりしているうちに、だんだん思い出してくる。「そうそう、こんな風だったな」てな感じで。疲れてくると横になったりして、職場からも配慮してもら…

歌うことは気持ちいい♪

WRAP新年会の2日後に、家族とカラオケにいく。ママ友をひとり誘ったら来てくれた。彼女の娘もいたので、一緒に。まずは子供たちがひとしきり歌う。1時間ほど歌わせてから、大人も歌い始める。カラオケの部屋がお座敷になっていて、子ども連れにはちょ…

WRAPの仲間と新年会

WRAPみえの仲間と新年会。昼食を一緒にお座敷で食べて、そのままカラオケへ。結構僕も調子が悪かったので、グタ~っと寝たりしながら、一緒に過ごす。他のみんなは結構元気そうに見える。他の人が歌う歌は、自分の持ってるレパートリー以上のものが出て…

『戦争ごっこ』 核実験のニュースに思うこと

核実験のことがニュースになっている。 でも・・・下の動画を見ると(まあ見なくてもそうなんだけど一応)、これまでになされた核実験(というか核爆発というか)がざらっと見直せるんだけど、「はあ~」と思う。 アメリカでの最初の核実験『トリニティ』を…

『午後の最後の芝生』【#24(短編)】

午後の最後の芝生。『羊をめぐる冒険』の直後に書かれた前期短編の秀作。芝生を刈るアルバイトをしている主人公が、もうアルバイトをする理由そのものが無くなり、最後の芝生刈りをしにいく。そこで、刈り終わった後に家の中に招きいれられる。その夏のまぶ…

リワーク初日

職場復帰、初出勤。 まずは、通勤し職場にいることから始める。何をしているということもないが、職場にいるだけで疲れる。挨拶まわりをする。無事、初日が終わる。 職場うつの人々―産業看護師・まるたま先生のココロの処方箋 (アルファポリスCOMICS) 作者: …

職場復帰~うつのリワークということ

うつ病になってから仕事を休んでいたが、徐々に回復し、主治医も職場復帰に賛成してくれたので、年始から職場復帰することになった。明日が仕事始めということになる。 久しぶりに職場で働くことを思うと、緊張する。準備することは頭に浮かんでくるし、実際…

朋(とも)あり遠方より来る、亦(また)楽しからずや

先日、マモーミモー25年ぶりに復活の記事を取り上げたが、昨日の元旦に、高校時代の友人が家族で来てくれて、家族交流ができた。考えてみると、彼とは高校以来、かれこれ25年ー四半世紀にわたる付き合いになるわけだ。 でも久しぶりに顔を合わせてみると…

『貧乏な叔母さんの話』【#2(短編)】

2016年が始まった。昨日と今日で何が変わるということでもないのだろうけど、大晦日から元旦へ移り変わるこの2日間は、一年のうちで、何か特別な気がする。不思議なものだ。 『貧乏な叔母さんの話』というこの短編は、『羊をめぐる冒険』以前に書かれた…

『遠い太鼓』に誘われて

2015年もあと3時間あまりで終わる。今年は病気で明け暮れた一年だったな。『遠い太鼓』は、紀行文という表現で良いのかわからないが村上氏がヨーロッパに滞在したときのことを記したものである。これも高校時代にじぇいという友人が進めてくれ、好んで…

オニさんオニさん何色がすき?~体力の限界

体力の限界を感じた。。。 娘と息子をつれて、自宅から歩いて3分くらいの公園にいく。しばらく、サッカーボール蹴ったり、木登りしたりしていると、近所に住んでいる子供が二人公園にくる。大体うちの子ど同年代。子ども4人と大人1人が同じ公園にいるとい…

素人の乱~リベラルアーツ教育について思う 『池上彰の教養のススメ』

乱、というほどの大げさなものではないが、素人が何を感じるか、考えるか、発想するかというのは、とても大事なことだと思っている。ある分野についての「専門家」といわれる人がいるとして、それ以外の「素人」というかその分野の専門家ではない人たちがい…

先人たちの知恵~備長炭を使ってみて

昨日、実家で忘年会をして親族が集まった。ホタテやカニなどを囲炉裏テーブルで備長炭で焼いて食べた。備長炭は煙がほとんど出なくてしかも火力が半端ない、なぜか?それは、炭素の純度が著しく高いからだ、という話が出てなるほどと思った(専門的には違っ…

『村上春樹の短編を英語で読む1979~2011』

「テキストをどう読むかは読み手の自由」という考え方がある。そういう意味では、あるテキストを読んでどう感じるか、どう解釈するかということは、ひとりひとりの読み手にある程度ゆだねられていることになるし、それはひとりの読み手である僕にとっても自…

『ハルキ・ムラカミと言葉の音楽』

僕と村上春樹氏の作品との出会いは、高校時代へとさかのぼる。当時、じぇいという友人が「これ、おもしろいよ」と薦めてくれたことがきっかけだ。それは『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』という本だった。 それ以降、僕は好んでムラカミ作品を読…

『鶴見俊輔語録 この九十年』

印象に残ったことば 「選集というのは、ありがたいものだ」という鶴見氏のことばがある。これまで出版された書物を読むだけでも全部を読むことは到底できない。ましてや、毎日新しく刊行されている書物も膨大なものであり、とても一人で価値のある書物を選び…

『自爆する若者たち』

戦争といっても、他国との戦争(防衛の場合もあれば侵略の場合も区別しがたい場合も)と、内乱がある。歴史的にそういうことが起こった原因を、ユースバルジという切り口から論じているのが面白い。 ユースバルジとは、ある程度の教育を受けていて栄養もたり…

『ラルース地図で見る国際関係』

僕は朝夕、世界の平和を祈っている。結構、まじめに祈っている。まあ誰しもそういう願いはあると思う。そして、平和について語るのならば、戦争が起きる力学のようなものを知っておかなければならないとも思う。 人類の歴史をひもとけば、そこには戦争が満ち…

実家の忘年会の準備~じいちゃん的なるもの

今日は毎年行っている実家の忘年会。午前中から子供を連れて行き、準備を手伝う。実家には薪ストーブのほかに囲炉裏テーブルというべきものがある。炬燵みたいなテーブルの中がくりぬいてあり灰を入れることができる。僕は息子とともに灰の掃除をする。まき…

『ツレと貂々、うつの先生に会いに行く』

ツレがうつになりまして・シリーズをまとめて紹介することになる。この本は、ツレさんと著者、編集者が医師にうつについて教えてもらうという内容だ。特に印象に残ったのは、うつというのはいくつかの仮説はあるが、分からないことが多い病気だということだ…

『7年目のツレがうつになりまして』

うつの治療は短期で終わることもあれば長期にわたることも多い。ある程度回復してもお薬を一定期間飲み続けることが、再発を防ぐことにもなる。主治医とよく相談しながら、服薬のことも、生活のことも考えていく必要がある。病気になる前の生活に戻すという…

『その後のツレがうつになりまして』

精神科ソーシャルワーカーとして、精神障がいのことをもっと知ってもらいたいということで、普及啓発のイベントを継続的に開催している。ある年に、『ツレがうつになりまして』の映画上映を市民会館大ホールで行ったことがある。 体験記ということで、あまり…

マモー、ミモー!!復活

www.excite.co.jp 先日、往年の人気コントキャラ、「マモー、ミモー」が局の壁を越えて復活したのを目の当たりにした。 25年ぶりの復活ということで、ミモー役のちはるさんもよくオファーをうけたな、とウっちゃんが言っていた。25年といえば四半世紀。…

『二十億光年の孤独』

昨日までの十億年、明日からの十億年を考える。そして、その間にある今日を生きる僕。カンブリア大爆発が起こったのがやっと五億年前だから、十億年ていうのは宇宙を感じる。そして明日からの十億年を想像するとどうなんだろう。地質学的には今の時代は人新…

年末の大掃除をする~作業ということについて

今年ももうすぐ終わるということで、年末の大掃除をする。僕は、窓の掃除などを担当。窓ガラス、サン、そして雨戸にもほこりが積もってドロドロになっている。それをひとつずつ水拭きしてから乾拭きする。バケツでボロ布を洗いながら、何杯も真黒になったバ…

歩くということ

歩くということが好きだ。近所を散歩する。市街の公園を歩く。丘陵公園を歩くのはちょっと山歩きっぽい。近くに1000メートル級の手頃な山脈があるので、そこを歩く。こうなると登山といって方が良いかもしれないが、ことさらピークを目指すというよりも…

ほんをよむということ~『世界でいちばん貧しい大統領から君へ』

人生というのは出会いである、と誰かが言った。ほんをよむということ、それは僕にとっては息をするのと同じくらい(まあ誰にとってもそうかも知れないけれど)、生きていくうえで欠かせないことだ。本が無い生活なんて考えられない!! この元大統領は、レジ…

息子とともに自転車に乗る

息子とともに自転車に乗り、息子の通う近所の保育園までサイクリング。抜け道とかは、意外と息子の方がよく知っていたりする。こうやって、一緒に時を過ごせることがありがたいことだな、と思う。 スターウォーズ123456を見直して、アナキン(=ベーダ…

『6度目の大絶滅』

5億年前のカンブリア大爆発のあと、生物は大絶滅を5度経験しているという。そしていま、多くの生物種が人知れずすでに消え去っている。人知れずいうのは、無関心によるものだけでなく、そもそも人類が把握できている種は、すべての生物種のうちのごく一部…

実家の落ち葉を集める

実家の落ち葉が庭にたまってえらいことになっていた。落ち葉を集めて処分する。軽トラ3杯分。熊手と竹ぼうきをつかって、落ち葉を集める作業は、思っていたよりも結構楽しい。落ち葉同士がこすれあってかさこそいう音、小枝をふむパキっという音、におい。 …